JAPAN WEED LIBRARY

DJ happyWeedCatの公式ブログ

大麻使用における酔い方の種類~グッドトリップとバッドトリップ~

 

f:id:djhappy:20181104213344p:plain

近年日本のお茶の間を度々賑わしている大麻関連のニュースの数々であるが

その話題の大麻の酔いにも実は大きく分けて二つの酔いの

種類があるのはご存じだろうか?

通称

・グッドトリップ(Goodtrip)

・バッドトリップ(Badtrip)

 

今回の記事ではこの二つの酔い方、特にバッドトリップから抜け出す方法を

 主に紹介していこうと思う。

 

グッドトリップ(Goodtrip)とはその名のとおり

大麻による良いトリップのことである。

 

サティバとインディカという品種の違いにもよるが

良い酔い方の波に乗ることが出来れば

大麻は使用者を内側からポジティブにしてくれます。

 

五感全ての感覚が研ぎ澄まされ、

ここ10年で10倍にもなったと言われる圧倒的情報社会によって

酷使された脳と心は一度ニュートラル、フラットな状態へとリセットしてくれる。

 

大麻の酔いの特性の一つでもある

『一つの事に集中出来る』

という特性を活かして、例えばイヤフォンで

音楽を聞いてみれば、それはもう普段とは全く違う感動を得ることが出来るのである。

 

と、このように大麻の酔いの波を良い方向にコントロールすることが出来れば

それはもうお酒や煙草の酔いとは全く違う、新しい感覚の感動を知ることが出来るはずである。

 

しかし大麻初心者はもちろんのこと、

十年単位で大麻を使用をしている熟練のストーナーでさえ

量や場所、時間や一緒に楽しむ人物などのセッティングを一歩間違えてしまうと

誰しもが陥ってしまうのがバッドトリップと呼ばれる

お酒で表すのであれば、悪酔いのような最悪の酔い方をしてしまう

危険性が大麻にはある。

 

その大麻の最悪の酔い方であるバッドトリップの中でも

更に細かく分類するのであれば、肉体的バッドと呼ばれるものと

精神的バッドと呼ばれる二つの種類に分ける事ができる。

 

肉体的バッドとは、特に大麻の酔い方にまだ不慣れな大麻ビギナー

に起きやすく、視覚情報と脳の認識速度のズレなどから平衡感覚や三半規管に

影響を及ぼし、嘔吐感や頭痛、貧血、目眩や立ちくらみのような症状に

襲われることを指す。

 

また副作用による喉の渇きや目の充血といった作用も

大麻使用による副作用の知識が無いために

パニック状態に陥ってしまうといったこともある。

 

こうした肉体的バッド状態からグッドトリップへ回復する方法はいくつもあるのだが

一番簡単な方法は

『別の何かに集中する』という方法が最も効果的である。

 

大麻を非犯罪化し、アムステルダムのコーヒーショップなどでの喫煙を許している

オランダや全面解禁されたカナダなどでは早くから採用されていて

 

甘い紅茶やコーヒーなどを飲ましたり煙草などを吸わせたり

流れているBGMに耳を傾けさせたり呼吸に集中させ

瞑想状態にしたりと、その国の文化や歴史によって

その手段は多くあるのだが

一番大事な事は『大麻によるバッドトリップに集中してしまっている状態から抜け出す

手段を与えてあげること』

によってバッドトリップからの回復を促してあげる事が大事である。

 

欲を言えば身近に熟練の大麻経験者がいれば

初めての大麻使用でのバッドトリップの可能性を大幅に下げることが出来るであろう。

 

次に精神的バッドトリップについてであるが

日本のような大麻に関して幼い頃からの国の教育により植え付けられた

洗脳教育による遵法精神による精神的支配、

非合法という抑圧された環境(セッテイング)

のせいで、もしかしたら捕まってしまうかもという勘ぐり、

妄想、また心身に何かしらの

ストレスなどを極度に抱えている場合などは大麻の特性の一つである

『一つのことに集中する』という作用がそれを膨らませてしまいこれもまた

パニック状態などに陥ってしまう事を指す。

 

これが大麻による所謂精神的バッドと呼ばれるものであり

その正体は自分の内側の醜い面、

恥ずかしい面なども大麻の精神的酔いの

エフェクトにより客観的に見せつけられることにより

結果パニック状態などに陥ってしまうことが稀にあるのだ。

 

これも実は肉体的バッドトリップの対処と同じく

『別の何かに集中する』

という対処法で魔境入りを回避することが出来るのである。

 

このようにどちらも知っていれば大した知識ではないのであるが

もしまだ大麻の経験がまだ無く、これからウルグアイ

カナダなどの合法な国で大麻を体験してみたい!

という日本人の方はバッドトリップの恐ろしさと対処法を

こういったブログやサイトなどで予習しておくことで

となるので頭の片隅にでもおいておけばいざ

バッドトリップに陥りそうになった時は

『別の何かに集中する』を思い出してみて

バッドトリップから無事抜け出し

ハッピーでピースなストーナーライフを楽しんでくださいませ!

see you next chill time♪

bye!